2015年7月11日土曜日

新P2D基板の設計

本日で、FN1242A P2D基板の頒布が終了しました。
今年の前半は、これに掛り切りでしたが、終わってしまうと、少し寂しいですね。

FN1242Aを使わずにP2D変換をする方法も模索していましたが、神みたいなSRCチップがありました。
旭化成のAK4137EQです。
PCMとDSDの相互変換が出来るサンプリングコンバーターです。
これを使えば、P2D変換が可能です。


FN1242A P2D基板と同じサイズの基板で設計してみました。
設定項目が多いので、ロータリーSWとLCDが必要になります。
マスタークロックは、基板に搭載するクロック発信器+ジッタークリーナーか、外部クロックを使うので、入力信号のジッターの影響は受けません。

AK4137EQの販売がまだなので、動作確認は先になりそうです。

7 件のコメント:

  1. とても期待しています!今から頒布予約したいくらいです(笑)

    返信削除
  2. mr_osaminさん、コメントありがとうございます。

    私のチップが販売されるのを首を長くして待っています。

    返信削除
  3. やなさん、ご無沙汰しています。

    最近仕事が忙しく、やなさんにお頒け戴いたたくさんの基板が未製作のまま溜まっていて恐縮です。

    FN1242AによるP2Dもまだ手つかずですが、この新しい基板もとても魅力的です。頒布なさることになったら、ぜひ購入したいと思います。その節はまた宜しくお願い致します。

    返信削除
  4. てにえさん、コメントありがとうございます。

    メリハリのPCM、しなやかなDSD、どちらも魅力がありますが、この基板でどちらかに統一する事も出来ます。
    昨年から温めて来た本命企画なので、ぜひとも成功させたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. これが噂の・・・ 待ち遠しいですね~

      削除
  5. suzukiさん、こんXXは。

    FN1242A P2Dに代わって、P2D変換が楽しみです。

    基板サイズの制限から設定用のLCDが必須になっています。
    もう少し大きくして良ければ、ピンヘッダだけの設定も用意出来ますが、
    どうでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. やなさん こんばんは

      私の場合、SRCはお気楽さん一本槍ですから、LCDが当たり前というか
      慣れてしまっていますから、LCDが分りやすくて良いと思うのですが・・・

      削除