2015年7月16日木曜日

AK4490 DACの音出し成功

AK4490 DACの音出しが成功しました。


ハイブリッドI/Vアンプでテストしていたら、ノイズまみれで悩みましたが、
電圧出力なのが問題でした。
ルンダールのトランスにしたら、綺麗な音になりました。

音は、現代のDACらしく、高解像度高帯域の音です。
AK4399でガッカリした音とは違いますね。
ジッタークリーナーが無いので、音が直ぐに出て使いやすいです。

もう1枚組み立てて、デュアルモノの確認も出来ました。

5 件のコメント:

  1. 音出しおめでとうございます。実際の基板写真があるとリアリティを感じますね。
    ハイブリッドIVアンプは不要ですか・・・(悲)

    返信削除
  2. mr_osaminさん、コメントありがとうございます。

    ハイブリッドI/Vアンプとの接続は、書き方が悪かったですね。
    ハイブリッドI/Vアンプは電流差分入力なので、AK4490 DACのような電圧差分出力は直接入力は出来ません。
    1KΩの電圧電流変換用抵抗を入れると、ノイズもなく再生可能です。

    返信削除
  3. そうでしたか、AK4490基板はそろそろ各所から出てき始めていますが、この基板はとてもコンパクトなので期待しています。

    返信削除
  4. DSD原理基板を入手したことから、こちらにお邪魔することとなりました。
    AK4490基板、もの凄く興味があります! 
    一般配布が可能になることを切にお願い致します。

    返信削除
  5. Shinさん、コメントありがとうございます。

    試作基板から配線パターンの書き直しを十回ほどやり直しています。
    満足の行く配線パターンはなかなか出来ません。
    今、基板発注していますので、動作確認が出来たら頒布したいと思います。

    返信削除