2022年4月25日月曜日

トランスI/V基板の制作

 DAC基板を作り始めた頃から愛用しているルンダーるのLL1538というトランスがあります。

これをDAC出力に繋いで、トランスI/Vとして使ってきました。

LL1538は本来はマイク出力のバランスアンバランス変換用のトランスですが、DACのI/V変換に使うと、美音が出力出来ます。

さて、今回は、LL1538の上位バージョンのLL1538XLを購入してみました。

LL1538は割と直ぐに入手出来たと思いますが、LL1538XLは注文して2ヶ月ほどかかりました。

LL1538の時は、汎用基板を使って手配線しましたが、専用基板を製作した方が手っ取り早いと思って、サクッと制作してみました。

入出力コネクタとLL1538またはLL1538XLを繋いだだけの簡単なトランスI/V基板です。

これなら、はんだ付けも数分で完了です。

LL1538とLL1538XLの比較試聴をしてみました。

結果としては、XLの方が好みです。10対9ぐらいの差でしょうか。

大好きな低音が下に伸びて、高域も良く出ています。

今まで聞こえにくかった小さな楽器の音も聴き取れて、DACを替えて解像度が上がったかと勘違いしそうです。

音楽もゆっくり目に流れて聴こえたので、これを主力メンバーとして組み込みます。

2022年3月11日金曜日

プリアンプおまけ JBL SG520

 以前に泣く泣く手放したプリアンプの中で、一番のお気に入りはJBL SG520でした。

音は勿論のことですが、デザインが秀逸だと思います。

また会えたらいいなと思っていたら、先日程度の良いSG520を再度迎えることができました。




どうでしょう、男前な顔をしていませんか。
音も心に染みてくる何かを感じます。
サブシステムとして、パワーアンプ JBL SE408S、スピーカー JBL Apollo(D130+175DLH)のオールJBLで組みたいと考えています。
これで、プリアンプはコンプリートとします。


2022年3月7日月曜日

プリアンプその3 Mark Levinson ML-7

手が届きそうな価格のMark Levinson ML-7を探していましたが、ついに見つけました。





マークレビンソンの社員さんが開発中?の筐体を持ち帰って改造したものらしいです。

イコライザーアンプが外されています。

天板もアクリル板に交換されていて、熱が籠もるのが心配になります。

電源も正規品ではないようで、これは、リニア電源と交換する予定です。


視聴した感想ですが、以前持っていたML-7と同じで、26Lより解像度は敵いませんが、熱い音が聴けます。

この胸にグッと来る熱い音には参ります。


メインシステムのプリアンプはこれに決定です。


2022年3月5日土曜日

プリアンプその2 Mark Levinson No.26L

 次に入手したのは、Mark Levinson No.26Lです。

以前にMark Levinson ML-7を持っていたときに、友人からMark Levinson No.26SLを借りて視聴しており、気になっていたプリアンプの一つです。



イコライザーアンプの入っていないBasicタイプになります。

視聴した感想ですが、26SLは及びませんが、同じ傾向の音で、解像度であり良いですね。
でも、グッと来ないのですよ。何かが足りない(私個人の感想です)。

メインシステム入りは無いと思います。

やっぱり、あれが欲しいなぁ。。。。

2022年3月3日木曜日

プリアンプその1 Marantz Model 7T

 数年前に、訳合って手持ちのプリアンプを全て処分しました。

メインシステムの再構築のために、新たにプリアンプを準備します。

私はプリアンプは必須アイテムだと信じています。

最初に手に入れたのは、「Marantz Model 7T」です。



センターのSWが真空管タイプのModel 7の黒に変えられていますが、トランジスタタイプのModel 7T です。

選択した理由は、マランツのプリアンプを聴いてみたかった事とデザインの美しさでした。

視聴した感想は、不可もなく普通でした。もっと個性があるかなと想像していましたが、原音をそのまま通すといったら良いのか優等生な感じです。

これはメインシステムのメンバーには入らないかな。

LP再生用にイコライザーアンプだけ使うかも知れません。

更にプリアンプを探す旅に出ましょうか。

 

2022年1月10日月曜日

車の内装をデコってみた

 私の愛車ですが、走りに関しては何も不満はありませんが、日本車に比べて内装がしょぼいです。

誰に見せるわけでもないのですが、なんとかならないかなぁとネット検索してみると、純正ではないですが、結構あります。

で、ハンドルまわりは、


が、


こうなりました。

コンソールも


が、


こうです。

最後にドアスイッチ周りを


が、


こうなりました。

銀色のプラスチック製を両面テープで貼り付けてあるだけです。

少しは、日本車のレベルに追いつけたかな。

2021年12月25日土曜日

BD34352EV DACを製作してみました

 ローム社から、BD34301EV DACチップとピン互換なBD34352EV DACチップが発売されました。

価格は、1個1,500円で、BD34301EVからかなりお安くなっています。

レジスタ設定が数箇所違うだけで、BD34301DM DAC基板がそのまま使えそうです。

では、早速、製作してみました。


プログラムをBD34352EV用に修正しました。

電源もBD34301EVと同様なので、サクッと動きました。

ただし、出力が少し違うので、私の場合は、I/Vトランスの二次側にパラに接続する抵抗値をBD34301の時の2KΩから1KΩに変更しました。

音の感想ですが、BD34301EVと同じに聴こえます。

コスパ最高ですね。