2019年9月20日金曜日

AK4499DM DACの制作 その5

アナログ電源用のICをLT3045に変更した基板が上がってきました。
DACチップを旧基板から外すのが難しかったです。
ピンが細いので直ぐに曲がってしまいます。



旧基板ではOSコンが沢山でしたが、今回は1uF用はオーディオ用電解コンデンサにしました。



ATmega328Pマイコンを搭載して、プログラム本数が4本に増えたので、プログラム修正に時間がかかりましたが、何とか全部完了しました。



AK4499DM専用のI/Vオペアンプ基板も完成しました。
高性能オペアンプを持っていなかったので、音が歪んでしまいました。
私のKタイプ基板やLH0032基板に変えると、歪もなくとても良い音が確認出来ました。

AK4499の音は、従来のAKMの音とか傾向が違うようです。
奥行きがあるキリッとした感じかな。
エージングが進むにつれ、良さが増してきます。

制作マニュアルが完成したら頒布予定です。
DACチップは9セット分は確保していますので、9セット限定の予約受注品となります。
その次は、DACチップの販売次第ですが11月過ぎになるかもです。

2019年8月31日土曜日

AK4499DM DACの制作その4

AK4499DM DAC基板を組み立てました。



OSコンの数が多いですね。
2200uFの電解コンデンサも主張しています。
まずは、ATmega328Pのマイコンで動かしてみました。
AK4497から4CHに増えていますが、プログラムはほぼ流用出来ます。

I/Vトランスを使っての音出しもOKです。
ノイズ感の無さが特徴でしょうか。
AK4497は超えていますが、ライバルのES9038PROとの比較はこれからです。

一つだけ問題が発覚しました。
DSD512再生時のアナログ電源の電流が200mAを超えています。
データシートで確認して電源ICをLT3042にしたのですが、残念です。
LT3045に修正した基板に作り直します。

2019年8月29日木曜日

AK4499EQ着弾

首を長〜くして待っていたAK4499EQが届きました。










AK4497EQに比べると大きいですね。
ピン数も半端ありません。



DAC基板のICフットプリントも間違いはないようです。
これから組み上げてみたいと思います。

P.S DACチップをはんだ付けしました。
ピン間隔が狭いので難しさアップですが、それよりもピンが柔らかいので、位置合わせの際に気を付けないとピンが簡単に曲がります。
曲がった時は、カッターの刃を使って元に戻せますが、これも難しいです。
ピン数が多い事自体は問題ないですが、高価なDACチップなので、慎重に作業しましょう。

AK4499DM DACの制作その3

AK4499EQの発送が約1ヶ月遅れています。今日には届くはずですが。

その間を利用して、DAC基板を改版する事にしました。
150mmX150mmはどうしようもなく大きくて、自分自身でも嫌になった事が一番です。

今回は、120mmX120mmで、流石に100mmX100mmは無理でした。



左がDAC基板で、右がI/Vオペアンプ基板です。

前作からの変更点は、
・I/Vオペアンプを載せない。
・DAC基板単独でも動くように、ATmega328Pマイコンを乗せる。
・DAI2/3やコントローラ1基板からの制御も可能です。
・AK4499専用のI/Vオペアンプ基板を用意する
です。

2019年8月1日木曜日

AK4499DM DACの制作その2

AK4499DM DAC基板が届きました。



左がAK4497DM2 DAC基板で、右のAK4499DM DAC基板はその1.5倍あるので大きいですね。
今回はデータシートに習って、I/Vオペアンプまで搭載しています。
I/Vトランスも使えるように工夫もしています。
I/Vオペアンプ搭載した場合は、AK4499DM専用の差動合成オペアンプ基板も用意する予定です。

あとは、DACチップ待ちです。

2019年7月1日月曜日

AK4499DM DACの制作その1

AK4499EQのデータシートが公開されましたので、AK4499DM DACの制作を開始しました。
DACチップが大きいこともありますが、基板サイズが過去最大になりそうです。



配線図を完成するのにかなりな時間がかかりました。

早くDACチップの販売が始まらないかな。
それまでにプログラムを完成させましょう。

2019年6月15日土曜日

OCXO 10MHzクロック発振器の制作

以前、中華製のOCXO 10MHzクロック発振器を購入しましたが、価格が安いせいかまぁまぁな製品でした。
アトミッククロック発振器は手にした事はありませんが、憧れますね。

うーん、私なりの最高のクロック発振器を考えてみましょう。

・OCXOは、ダブルオーブンで位相雑音ノイズが小さい
・10MHzのバンドパスによるフィルタ&差動クロック化
・差動クロックからの分岐&バッファ出力
・トランスによるアイソレート(写真ではBNCで見えていません)
・LT304X電源6個による高品質電源化

で、3回目の制作で、満足できる発振器になりました。



4V1.2AのDC電源で、3BNC出力としました。
4BNCも可能でしたが、基板の幅を100mmにしたかったので、3BNCです。
幅に拘ったのは、タカチのHENケースに収めたかったからです。
基板を差し込むだけで固定出来ます。




電源も同じHENケースにすると、かっこ良くなります。