2019年1月14日月曜日

MacPro 2009の3.33MHz 12コアへの道


3年半前にMacPro 2009CPUX56803.3GHzの6コアCPUに交換しました。
それから今まで特に問題もなく使ってきましたが、やはり、シングルCPUボードではなく、デュアルCPUボードに憧れてしまいます。
最近、デュアルCPUMacProの中古の価格が下がってきていましたので、しばらく狙っていましたが、2.26GHzX2MacPro2009を落札出来ました。



MacPro 2009は機種IDMacPro4,1で、3.33GHz 6コアのX5680は認識されず動作しないので、
例によってファームウェアをMacPro5,1にバージョンアップして、MacPro 2010並にしました。
3年半前はAppleで公開されていたファームウェアが消えていたりして、ちょっと苦労しましたが、無事に5.1になりました。

X5680をもう一個入手して、CPUの交換をします。
シングルCPUボードは、X5680をそのまま交換できましたが、デュアルCPUボードでは、CPUの殻割りが必要です。
後の祭りですが、2010版からは殻割りは必要ない事も初めて知りました。
殻割りはCPU自体を壊す可能性もあるので、出来れば避けたいところです。
調べてみると、殻割りしないでは、冷却フィンのネジ締めを調整すれば大丈夫みたいです。
早速、CPU交換をしましたが、ネジ締めの調整加減が難しくて簡単には行きません。
数時間の格闘の末、ようやく正常に動くようになりました。腰痛が再発しました。

これで、3.33MHz 12コア24スレッドにバージョンアップです。メモリも32Gです。
今回の筐体を使う場合は、前の筐体に追加した諸々のパーツを移し替えることになります。
面倒だったので、CPUボードだけを差し替えて、前の筐体のまま使う事にしました。

2019年1月8日火曜日

ファイナルR-2R DAC基板の制作

昨年末に7474ロジックICを使ったファイナルDSD原理基板を制作しましたが、大変良い結果でした。
では、PCM入力のR-2R DAC基板を同じコンセプトで作ったら、どうなんだろうと制作してみました。



旧R-2R DACの回路とは違いますが、電流差動出力は同じです。
R-2Rラダー回路の抵抗で性能が決まるので、誤差率0.1%のチップ抵抗を使いました。

試聴結果は、旧R-2R DACを超えたと感じました。
ファイナルDSD原理基板とは、また違う音で、私の大好きなR-2R DACの音です。

2019年1月7日月曜日

K式DCアンプのオペアンプ化基板

久しぶりの投稿となります。

今まで、ディスクリートアンプのオペアンプ基板はLH0032ばかりでした。
今回は、月刊誌「無線と実験」でお馴染みの金田明彦先生のDCアンプをオペアンプ化してみました。



LH0032の縦型基板の出来が良かったので、同じコンセプトで制作しました。
DCアンプ回路を参考に、FETをトランジスタに置き換えたり、ゼロバランス調整の回路変更をしています。

音は、LH0032基板に比べて、きらびやかさがありますが、どちらが良いとかではなく、好みによると思います。
LH0032より消費電力が三分の一程で、発熱もあまりありませんので、使いやすいと思います。

2018年2月15日木曜日

AK4493DM2 DAC基板の完成

AKMから新しいDACチップAK4493EQが発売されました。

早速、AK4493EQを2個使ったAK4493DM2 DAC基板を製作しました。
写真には写っていませんが、制御はコントローラ1基板、コントローラ1+DAI3基板、DAI2基板のいずれかで行います。


何故かEXT_CLKコネクタの穴が小さくて、コネクタが刺さらないミスがありましたが、他は問題なく動作確認できました。

今回の基板では、電源全てに3端子レギュレータ基板(7枚)を使っています。
好みの電源ICを選ぶ事が出来ます。

気になる音ですが、AK4497EQを聴いているので、それ以上ではないですが、劣るとも言えませんね。
DACチップの価格(6分の1ぐらい)を考えると、素晴らしいDACチップです。
電源ICで音が変わりますので、そちらのセレクトも楽しみです。

近日中に頒布開始します。

2018年1月25日木曜日

3端子レギュレータ基板の製作

数年前に、TPS7A4700やTPS7A3301を使った3端子レギュレータのピン互換な基板を作っていました。
ADP151の基板もありましたね。

昨年末頃、最新の超低ノイズなLDO電源ICを使った3端子レギュレータ基板を作って欲しいという要望を頂いていました。

折角なら、最新 も含めて超低ノイズな電源ICが勢揃いしたシリーズ化で行こうと考えました。


ジャーーン、取り敢えず5タイプが完成です。あと2タイプありますが、電源ICが届いていないので、後回しとなります。

20mmX15mmサイズで3.2mmの取り付け穴もあります。
左から、LT3042、LT3045、ADM715X、TSP7A4700、TPS7A3301で、TPS7A3301だけが負電源となります。
LT304Xタイプは、R1の抵抗値で1.2V、1.8V、3.3V、5Vぐらいの電圧となります。
ADM714Xタイプは、出力電圧に合った電源ICを選択して固定電圧となります。
TPS7A4700タイプは、設定ジャンパをハンダ付けして、1.4V〜20Vの電圧となります。
TPS7A3301タイプは、R1とR2抵抗の組み合わせで、3.3V、5V、9V、12V、15Vぐらいの負電圧となります。

基板のみ、完成品での頒布を予定しています。

4パラR-2R DAC基板の製作

R-2R DACはAHC系のロジックICを使って、PCM 768KHzまで再生出来るようになりました。

これで満足して終了でも良かったのですが、しばらくすると欲が出てきますね。

DA変換のICの上に同じICを重ねて2パラ化しようとしましたが、ICの足が短くてなかなかうまく行きませんでした。

では、基板を起こして、2パラ化すれば良いかと回路図を書き始めましたが、折角なら4パラ化の方が良いかと修正しました。

AK4497DM2 DACで結果が良かった電源ICのADM7150も使って、電源強化もしたいとか、1枚でステレオ、2枚でモノラルに使えるようにしようとか。

年をまたぎましたが、やっと完成した4パラR-2R DACです。



シングル版R-2R DACと比較して、解像度が上がって、力強さがグッと感じられます。
私の好きな音が出てきて、思わずニッコリです。

2017年10月31日火曜日

リニューアル版AK4497DM DAC基板の完成

色々有りまして、久しぶりの投稿になります。

リニューアル版AK4497DM DAC基板が完成しました。



ES9038DM DACのアナログ電源に使って良い結果でしたので、全ての電源ICに超低ノイズのADM715Xシリーズを採用しました。

マイコン制御を別基板(コントローラ1)にして、マイコンもWiFiマイコンになりました。



コントローラ1基板の替わりに、DAI2基板から制御する事も出来ます。
DAI2基板は廃番になっていますが、後継となるDAI3基板(近日完成予定)を用意します。