2015年9月2日水曜日

AK4490S/AK4495S DAC基板のリセット問題の対応策その2

AK4490S/AK4495S DAC基板のパターンカットしない対応策その2をお知らせします。

今回は、入手しやすいTCM809RというリセットICを使いました。
サイズがSOT-23なので、ハンダ付けが少し難しいです。



まず。R11の10KΩチップ抵抗を外します。

TCM809Rの3番ピンをR11の右側のランドにハンダ付けします。
TCM809Rの2番ピンをIC2 マイコンの1ピンにハンダ付けします。
TCM809Rの1番ピンとC7電解コンデンサのGNDピンを抵抗のリード線の切れ端等で
接続します。

TCM809Rは秋月通商さんの商品コードI-02533です。

10 件のコメント:

  1. やなさん、Innocent Key Blogさん(私はこの方が何者か、良く判ってません)の「AK4495とAK4490の音質差、Hugoとの比較」記事中に「果たし状」が来てますよ。

    ※問題あったら、このコメント削除して下さい。

    返信削除
  2. 1989CRXSIRさん、こんXXは。

    果たし状ですか。。。。
    ご指摘の件は拝見しました。
    私からは反論はありません。ご指摘・ご指導ありがとうございます。

    返信削除
  3. 記事中で取り上げられている基板は、試作基板です。
    頒布基板では、AK4490とAKK4495は、殆ど同じ配線になっています。
    出来れば、頒布基板で評価して欲しかったです。

    返信削除
  4. え、こんなに配線違ってたっけと疑問持ったのは間違いなかったんだ。
    五里霧中の画像だけと言う事は、ご自身では実物見てらっしゃらないですね。
    最終パターンや回路図公にする良し悪しがあり、頒布はいろんな気苦労があって大変だ。
    私ら、良いなと思った基板分けてもらってるだけ(汗

    返信削除
  5. 回路図の非公開は別な理由からです。
    いのき氏に連絡しようと思ったのですが、連絡先がHPから見つけれませんでした。
    HPやブログは、世界中の誰でも見られるので、名指しで批判されると良い気持ちはしませんね。

    返信削除
  6. 何だかなあ・・・、おまけに、「オーディオ関係記事」はコメントが出来ない仕様なんですよね。

    あ、分かりました。
    上部タグ「いのきーHPへ戻る」>一番下「2006-2015 ©Innocent Key - お問い合わせはこちら」
    (「こちら」クリックでメールアドレス)に在りました。

    返信削除
  7. 1989CRXSIRさん、こんXXは。

    情報ありがとうございます。
    少し落ち込んでいるので、メールを出すかは思案中です。

    返信削除
  8. 済みません、お気を使われる記事を引っ張って来てm(__)m
    画像1枚つらっと出てるあの方の自作機(市販前提?)って、凄い大掛かりな物の様ですよね、
    (私はタカチのHENに収まるシステム作りたいのでそれは興味なくって、やなさんのこのコンパクト基板が至高なんですわ。藤原さん系も私には大掛かり過ぎます。)
    やなさんのコンパクト設計基板で本気組みしたのを同じ環境で試していただかないと、
    見聞だけでは本当の評価はして欲しくなかったですよね。
    実は、やなさんのコンパクト基板私らが適当に作ったものでも、あのシステムと大差ないのではと思ってるんですが…、だとすると本気勝負は向うが避けそうw

    返信削除
  9. こちらで私のBlogについてのコメントをみつけたので直接こちらに記入します。

    ■やなさん

    まずは私の書いた記事でお気を落とされているようで、それについて大変すみませんでした。

    ただし内容については全く根拠の無い話しではなくてあくまで技術的に評価できる内容についてを中心に記載したつもりですし、個人的な好みの話は排除しているつもりです。今まで数十枚DAC基板を設計してきて毎回測定、試行錯誤、比較してきた経験からのものです。

    一応やなさん基板のAK4495の制作オンラインマニュアルに正式版と思われるPCB写真があったのでこれももう一度見直してきましたが問題点のほとんどはやはり変わっていません。具体的にはDACのGND点とコンデンサのGND点が配線で分割されていること、デジタル配線がアナログベタの上を通ってしまっている点は最終版でも共通している問題に見えました。

    高速配線はデジタルベタの上を遠回りでも通すべきで、デジタルの高周波は行きと帰りで最も近くのGNDを通りたがるので今の配線はノイズが乗る要因になってしまいます。これはPCB設計の本に書いてあるような話で、当たり前ですが私のオリジナルの理論とかじゃあありません。

    https://www.maximintegrated.com/jp/app-notes/index.mvp/id/5450

    このような資料があります。AK4495でのBCKは768kHzで駆動するとき49Mhzにもなります。I2Cも100kHz以上の成分を多く含みますから、現状のような配線はノイズの問題になるんじゃないかと思った次第です。そしてそれは音質面にも影響があります。

    弁解になってしまいますが、私としては個人攻撃というつもりは全然なくて、わからなかったものはわかるようになって、次にいいものを作っていけばいいと思っています。私もちょっと前まで知らないことばかりでしたし、今でもまだわからないことや人に学ぶことはたくさんあります。今何か課題があったとしても、わからないまま続けるよりも、今知ってより進歩した将来の作品につながればそのほうが良いと思っています。

    そういう意味合いも含めて詳細な問題点について書いたつもりです。押し付けがましくすみません。

    ■1989CRXSIRさん

    >何だかなあ・・・、おまけに、「オーディオ関係記事」はコメントが出来ない仕様なんですよね。

    コメントは誰でも出来るようになっていますし、今までにコメントは他の方からも頂いています。何か仰りたいことがあるならばここではなくて直接本家のほうでお願いいたします。

    返信削除
  10. yohineさん、コメントありがとうございます。

    ご指摘の件、今後の基板開発に生かして行きたいと思います。
    今回のDAC基板は、AK449Xの素晴らしさを皆さんにも伝えたくて
    開発しましたが、ご迷惑をお掛けしたとしたら、申し訳ありません。

    返信削除