2015年5月3日日曜日

無帰還型安定化電源パート2

前回、失敗に終わった無帰還型安定化電源のリベンジ版が届きました。

2トランス用はこちらです。

出力電流が少ない場合は、ダーリントン接続にする必要はないので、シングルトランジスタにしてあります。
半固定抵抗で調整出来るので、3.3Vと5Vにピタリと合わせれました。
このくらいの電圧だと赤色LEDが合わせやすいですね。
LEDに流す定電流の調節と、基準電圧の微調整のために、1回路に2つの半固定抵抗が入れれます。
また、半固定抵抗による音の影響を心配される場合は、使わずにショート配線でも構いませんが、出力電圧の調整は、LEDの選別が必要なので結構大変です。

センタータップ付き用はこちらです。

出力電圧を20Vにする場合は、青色LEDを8個接続します。
LEDが眩しいです。
LEDの個数は、ディップスイッチで2〜9個まで選択出来るので、出力電圧の選択が簡単です。
こちらは出力電流が多い場合を想定して、ダーリントン接続にしてあります。

基板のみで頒布予定です。(5/5修正)

7 件のコメント:

  1. センタータップ付き用の電源基板を、ハイブリッドI/Vアンプの+ー電源に使ってみました。

    今まで使っていたTPS7A4700電源基板に比べて、スカッと突き抜けて高域が鬱くしい響きになりました。
    取り敢えず、アナログ電源にはこの電源基板は良いと思います。

    返信削除
  2. いつも拝見しております。
    このセンタータップ付き用の電源基板ですが
    入手は可能でしょうか。

    返信削除
  3. 匿名さん、こんXXは。

    トランジスタの説明が面倒なので、正式頒布はしていません。
    私信メールを頂ければ対応します。

    返信削除
  4. やなさん
    返信ありがとうございます
    それでは検討させていただきます。

    返信削除
  5. センタータップ付き用基板を頒布していただきましたが、
    マイナス側のブロックエミフィルのパターンにミスがあると思うのですがどうでしょうか?
    B-CBラインにマイナス電源が、PSG-CGラインにGNDが来ないといけないのですが、逆に
    なっています。

    返信削除
  6. 確かに逆になっていますね。
    このままで動作はしますが、気になるようでしたら、ブロックエミフィルを搭載せずに製作してください。

    返信削除
  7. やなさん、回答ありがとうございます。
    搭載しないのも基板上さみしいので、パターンを修正する方向で検討してみます。

    返信削除