2016年8月27日土曜日

PCM9211 DAI基板の頒布を開始しました。

4度目の改版を経て完成したPCM9211 DAI基の頒布を開始しました。
アイソレートやTCXOクロック採用などで、結構良いDAI基板になったと思います。


アナログ入力用に、入力バッファアンプ基板も用意しました。

よろしくお願いします。

5 件のコメント:

  1. やなさん PCM9211DAI基盤の配布ご苦労様です。
    CDPのデジタル出力をPCM9211DAIで受けて、AK4137P2D+AK4495DMでアナログ変換した音は、とても素晴らしく、CDPが、生き返りました。
    ありがとうございました。

    返信削除
  2. yochitomiさん、こんXXは。

    完成おめでとうございます。
    気に入って頂けて嬉しいです。
    今後ともよろしくお願いします。

    返信削除
  3. 始めまして。突然ですが、旭化成エレクトロニクスのサンプリングレートコンバーターの製品を検索していて、「やなさん」に行きつきました。私は、自作オーディオ・オタクですが、記事を拝見していて非常に勉強になります。ありがとうございます。

    返信削除
  4. 岡田 透様、コメントありがとうございます。

    まだまだ未熟者ですが、今後ともよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 書き込みの場所が間違っていて申し訳ありません。現代のオーディオに関して、私の考えでは最弱点はスピーカーだと思います。コーンスピーカー等は電気エネルギーを音響エネルギーに変換する時にインピーダンス不整合が大きいため、ダイナミックレンジ・歪率・等の点で、大仕掛けにはなりますがマルチウエイのホーンスピーカーに行き着きました。このシステムで全f特をカバーするには非常に複雑になり、アナログ回路で理論的な動作は到底無理が有ります。更に、市販品には要求するスペックの物が無いので、最近のDSP等の技術を応用して素人細工で自作するしか方法がありません。そんなことで、此方こそ、「今後とも宜しくお願いいたします」

      削除