2016年8月10日水曜日

AK4497DM DAC基板

AKMの最新DACチップであるAK4497EQの発売の発表はありましたが、DACチップはまだ入手出来ないようです。

ただ待っているだけではつまらないので、デュアルモノ基板を試作してみました。



チップ周りの電解コンデンサが増えたり、アナログ3.3Vやデジタル1.8Vの電源コネクタも付けてみました。
プログラムを完成していますが、後はDACチップ待ちですね。

15 件のコメント:

  1. 楽しみです!!

    返信削除
  2. やはり、作成されましたね。
    基板サイズは100×80てすか?

    返信削除
  3. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  4. 基板サイズは、AK449XDM DACシリーズと同じ100mm×80mmです。

    返信削除
  5. 楽しみなボードです。
    一点気になるのは、AK449XDMボードとの互換性です。
    電源はマイコン 3.3V - Digital 3.3V - Analog 5V で同じでしょうか?
    (データシートでは、AK4497で、LDOE=H にすると電源も互換で使えるはずだと読めます)
    そしたら、そのままAK449XDMと切替え出来るはずですね。
    逆に、LDOE=L時の1.8V入力も対応可能ならボードとしての選択肢が増えます。

    返信削除
  6. 電源はAK449XDM DAC互換です。
    オプションでアナログ3.3Vとデジタル1.8V電源が追加可能です。
    デフォルトではADP151で3.3Vと1.8Vを供給します。
    LDOE=L固定になります。

    返信削除
    返信
    1. 確認ありがとうございます。

      楽しみにして待っておきます。

      削除
  7. https://www.yuan-jing.com/index.php?route=product/manufacturer/info&manufacturer_id=30

    https://world.taobao.com/item/15932828202.htm?spm=a312a.7700714.0.0.QrEEJn#detail

    今回はデジキーでは取り扱わないのでは?

    返信削除
  8. 先日、頒布いただいたAkm 4495 SEQ 一発で起動しました。やっと少しははんだできるようになってきたので、4497も早くチャレンジしてみたいです!
    期待してます!

    返信削除
  9. AK4495DMも先日ようやく音出しに成功したところですが、次のターゲットが現れとても楽しみです。これまではマイナーチェンジ後の基板を作成していましたが、今回は初回ロットに応募してみようかな。とにかくリリースが楽しみです。

    返信削除
  10. 通りスガリー2016年9月6日 17:48

    代理店にAK4497EQの見積もりかけたら、160ケで個/7.8k円だそうです。ES9038PROと変わらない・・・・・・

    返信削除
  11. 情報ありがとうございます。
    7.8k円ですか、予想よりちょっと高いですね。1ドル120円強辺りで計算しているのかな。

    返信削除
  12. 通りスガリー2016年9月7日 9:40

    代理店様の話だと、旭化成さん自体が相当このチップに神経質になっているそうです。国内では一律8k前後、小売は駄目、end-user・App明記で当分売るとかなんとか。
    リードタイムも4-6ヶ月とえげつないです。 中華サイトなどで売ってるチップは(偽物か)海外代理店からだから良くわからないとのこと。 世知辛いですね。

    返信削除
  13. ヤナ さん、

    先日購入させて頂きました、AK4495S DAC基板が大変好評でして、大変音を気に入られて譲って欲しいという知り合いがいたので、お譲りしました。

    AK4497 DACチップも大変興味深いです。
    AK4497でもモノラルDACを作成されるご予定はありますでしょうか?

    返信削除
  14. AK449XS DACシリーズは、AK449XDM DACに比べるとあまり出ていません。
    AK4497S DACの要望がある程度あるようなら、検討したいと思います。

    返信削除